PAGE TOP

JA愛知中央会

JA愛知中央会

組織概要

農業振興・地域社会に貢献するJA・連合会の取り組みを支援

 愛知県農業協同組合中央会(JA愛知中央会)は、県内のJA・連合会の健全な発展を図ることを目的として設立されました。JA・連合会の組織・経営の支援や監査を行うほか、JAグループ役職員・組合員に対する教育、JAグループ愛知を代表して行政庁に対する意見の提出など、JAグループ全体の発展のため総合的な事業を行っています。このような事業を通じて、農業・農業者の発展、安全・安心な食料の安定供給、地域社会に貢献するJA・連合会の取り組みを支援しています。

組織概要(令和2年7月1日現在)
名称 愛知県農業協同組合中央会
設立年月日 昭和30年2月1日
会員数 26団体(正会員25団体、准会員1団体)
職員数 128名(うち出向・駐在受入31名、嘱託17名)
代表理事会長・副会長・常勤理事
代表理事会長 長谷川 浩敏
副会長 齋藤 種治
代表理事理事長 加藤 勇二
常務理事 廣田 憲吾
常務理事 山崎 勝美
組織機構図

組織理念

 わたしたちは、JAが食と農に根ざした協同組合として組合員と地域から信頼され続けるために、JAグループ愛知のリーダーとして、会員を代表し、総合調整機能の発揮と、会員への指導・支援を実践します。

アクセス

JAあいちビル
(総務企画部、営農・くらし支援部、経営監査部、監事室)

〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦三丁目3番8号
電話:(052)951-6940(代表)
名古屋市営地下鉄桜通線または名城線久屋大通駅4番出口から徒歩約1分

JA愛知研修所
(教育部、情報システム対策部)

〒444-0802 愛知県岡崎市美合町並松1番地52
電話:(0564)52-7531
名鉄本線美合駅から徒歩約15分、名鉄本線美合駅から名鉄バス緑丘経由のバスにて約3分、JR東海道本線岡崎駅から名鉄バス庄司田経由のバスにて約16分、「県立専門校前」or「美合入込西」下車、徒歩約8分

部署ごとの取り組み

総務企画部

 JAグループ愛知が統一的な活動を展開するため、連合会との総合調整や企画開発を担っています。また、本会の事業計画の立案・進捗管理、人事、職員教育、経理事務、内部監査、庶務などを行っています。

営農・くらし支援部

 県や国の農業施策に対する要請活動や農業・JAに関する情報発信を行い、地域農業の振興を図っています。また、安心してくらせる豊かな地域社会を実現するため、食農教育活動、健康づくり活動、高齢者福祉事業・活動、相談活動等を推進するとともに、その活動母体であるJAの組織基盤づくりの支援を行っています。
 また、地域農業を担う農家への対応を強化し、農地の利用集積、水田の有効利用、経営管理支援など多面的な支援を行うとともに、農畜産物の安全・安心確保のための取り組みを行っています。

経営監査部

 JA経営の信頼性確保のため、JAの組織経営管理・経営改善、コンプライアンス、会計税務・法務・人事労務といった実務などの指導を行っています。また、JAの内部統制の整備状況等に関する業務監査、JA・連合会の監事監査や内部監査の機能充実・強化に向けた支援を行っています。

情報システム対策部

 県内JAの経営並びに業務の高度化・適正化・効率化に資するため、経済・管理業務にかかる事務処理システムの開発、維持管理及び運用指導を行っています。

教育部(JA愛知研修所)

 県内JA・連合会の役職員の知識・能力の向上を図るため、職員のレベルに応じた階層別研修など各種の研修や資格認証試験を実施しています。