JAグループの組織

JAグループ愛知の組織

JAグループ愛知を構成するのは、大きく分けて次の3つです。

組合員と組合員組織

組合員とは、人々が連帯し助け合うことを意味する「相互扶助(そうごふじょ)の精神」、すなわち協同の精神に共感し、農業の活動に参加したり、JAの事業を利用したりするためにJAに加入した人たちをいいます。地域農業を振興するというJAの趣旨に賛同し、一定の要件を満たせば組合員になることができます。
組合員組織とは、組合員が、それぞれの目的のために、自主的に集まった組織です。青年部や女性部、助け合い組織等があり、地域農業の発展や、安心してくらせる地域社会づくりなどを目的として活動を行っています。

地域のJA

愛知県には20のJAがあります。JAは農産物の集荷と出荷や肥料・農薬等の共同購入、農産物直売所運営のほか、信用(金融)や共済(保険)、高齢者福祉など様々な事業を行っています。組合員のみなさまと直接関係するのが地域にあるJAです。JAはこれらの事業を通じ、組合員の想いを実現させ、よりよい地域社会の形成を目指して活動しています。

県連合会

JAが地域単位で様々な事業を行っているのに対し、連合会はJA等が会員となって組織され、都道府県や全国といった広範囲を事業区域として、特定の事業を専門的に行っています。
愛知県には、農畜産物の流通や、農家に肥料・農薬・農業機械などの供給を行うJAあいち経済連、貯金や貸出など、信用事業を行うJA愛知信連、共済事業を行うJA共済連愛知、保健・医療・高齢者福祉などを行うJA愛知厚生連、JAグループ愛知を代表した活動や、JAの指導を行うJA愛知中央会が組織されています。

JAグループ組織機構図(愛知県・全国)
JAグループ組織機構図(愛知県・全国)平成27年9月現在