JAとは?

JAとは

JAとは、「JApan Agricultural Cooperatives」の略で、農業協同組合の愛称として使用しています。JAは、農業に従事する人たちの協同組合で、よりよい農業経営やくらしを目指して、1人の農家ではできないことをみんなで協力し、力を合わせて実現していくことを目的としています。そのためJAは「相互扶助(そうごふじょ)の精神」に基づき活動しています。
協同組合は、基本的な考え方や組織の運営において、株式会社とは大きく違っています。協同組合では、組合員が事業の利用者であり、同時に組合の運営者であり出資者であることが特徴です。
組合員の、組合員による、組合員のための組織、これが協同組合の基本的性格です。

協同組合 株式会社
目的 組合員の生産と生活を守り向上させる<非営利> 利潤の追求<営利目的>
組織者 農業者、漁業者、森林所有者、勤労者、消費者、中小規模の事業者など<組合員> 投資家、法人<株主>
事業、利用者 事業は根拠法で限定、事業利用を通じた組合員へのサービス、利用者は基本的に組合員 事業は限定されない、利益分の分配を通じた株主へのサービス、利用者は不特定多数の顧客
運営者 組合員(その代表者) 株主代理人としての専門経営者
運営方法 1人1票制 1株1票制

JA綱領

JA綱領は、1995年にICA(国際協同組合同盟)により示された協同組合新原則を踏まえ、1997年の第21回JA全国大会で定められました。そこにはJAのあるべき姿が示されており、JAグループが果たすべき社会的な役割について組合員・役職員が共通の認識を持ち、JA運動を展開していきます。

JA綱領 ―わたしたちJAのめざすもの―

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは

  1. 地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
  2. 環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
  3. JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
  4. 自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
  5. 協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

第15回愛知県JA大会決議

JAグループ愛知は、「地域農業とくらしを守る協同の力~組合員の多様な願いをかなえる改革の実践~」をテーマに第15回愛知県JA大会を開催し、令和元年度から令和3年度にかけて取り組む基本方向を決議しました。

<大会決議の全体像>
組合員が所得向上を実感できる農業を、総力を挙げて実現します。
  1. 地域農業ビジョンを実現する営農指導体制の確立
    • (1) 進捗管理の徹底による地域農業ビジョンの計画的実践
    • (2) 地域農業ビジョン実現を担う営農指導員の育成
  2. 中核的担い手のニーズに応じた総合支援
    • (1) 出向く活動を通じた情報共有と生産から販売までを通じた総合支援
    • (2) 環境変化に柔軟に対応する生産部会活動の展開
    • (3) 消費者・実需者ニーズに応じた販売の拡大
    • (4) 資材価格の低廉化・物流効率化、農地集約等による生産コスト低減
    • (5) 農業ICT等の技術導入およびデータ活用による生産性向上と生産物の高品質化
  3. 多様な担い手のニーズに応じた営農支援
    • (1) 多様な担い手の育成
    • (2) 需給分析や安全・安心の取り組み等にもとづく産直事業の拡大
  4. 農業生産基盤の維持と労働力確保の支援
    • (1) 新規就農者への支援と経営資産の円滑な承継
    • (2) 産地の実態に応じた農業労働力確保の支援
    • (3) 都市農業および中山間地農業の維持
地域の特性に応じた事業・活動・相談の融合により、組合員のくらしを支援します。
  1. 総合力発揮による利便性の向上、組合員メリットの創出
    • (1) 総合的な事業展開による地域インフラ機能の維持
    • (2) 事業・活動・相談の融合によるワンストップサービスの提供
    • (3) 事業の複数利用に対する組合員メリットの提供
  2. くらしの活動を通じた地域の活性化
    • (1) 食農教育を通じた地域住民と農業との接点づくり
    • (2) 健康的で豊かなくらしを実現する協同活動の展開
    • (3) 地域の多様な組織との連携強化による役割発揮
組合員の願いを実現できる活力あるJAをつくります。
  1. 食と農を基軸とする協同組合としての組織運営の再構築
    • (1) 組合員組織の中軸となる正組合員リーダーの育成
    • (2) 組合員組織の活性化や活動・運営への参加・参画を通じた多様な組合員の意思反映
    • (3) 准組合員の地域農業応援団化の拡大
  2. 持続的なJA経営の展開
    • (1) 協同組合運動・経営を支える役職員育成
    • (2) 持続性のある経営基盤の確立
    • (3) 総合的かつ中長期的な情報システム及び先端情報通信技術の活用の検討
    • (4) JAの実情に応じた組織整備への取り組み
  3. 地域住民への農業・JAに対する理解促進