農業政策のトピックス

農政をめぐる情勢

「農政をめぐる情勢」は、JA愛知中央会が毎月下旬に発行している冊子で、直近の農業やJAに関係する政策、それらの政策に対するJAグループの取り組みや、考え方などを紹介・解説しています。

平成30年9月号(あらまし)

Ⅰ 25日夜、第2回日米新貿易協議(FFR)へ

9月27日の日米首脳会談を前に、日本時間の25日午前6時半ごろから、茂木TPP担当相とライトハイザー通商代表による貿易協議(FFR)をニューヨーク市内で開く予定であったが、米国側の申し出により協議は延期されることとなった。

 

Ⅱ 農水省が平成31年度予算概算要求を実施

8月31日、平成31年度当初予算の概算要求が各省庁から行われ、農林水産予算は、30年度当初予算比18.5%増(4,248億円増)の2兆7,269億円となった。補正予算に関して、7月豪雨被害や台風21号、北海道地震等の影響も考慮し、年内に検討が行われると見込まれる。

平成30年9月号全文はこちらをご覧ください。

バックナンバー