児童養護施設への愛知県産の果物の寄贈について

信連.jpg

愛知県信用農業協同組合連合会は、社会貢献活動の一環として、愛知県下の全児童養護施設に対し、愛知県産のブドウ(巨峰)を寄贈することとしており、令和2年8月7日(金)、中日新聞社において社会福祉法人中部善意銀行への目録の贈呈式を実施します。

この活動は、日本の将来を担う児童の健やかな成長を支援するとともに、食の大切さ、農業の大切さを理解してもらうことを目的に愛知県産の果物のうち全国的に収穫量の多い種類を選定して寄贈するもので、平成28年度から毎年度、夏と秋から冬にかけて年2回実施しています。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る