【日程変更 6/24】中山間地の獣害対策 大型囲い罠「おりべえⅡ」下山地区で設置

おりべえおりべえ.jpg

JAあいち豊田は、平成29年度から中山間地獣害対策モデル事業を立ち上げ、小原地区と足助地区で獣害捕獲の実証実験に取り組んでいます。管内の中山間地域でイノシシやシカなどによる獣害被害が多発。有害獣を捕獲して農産物被害の軽減を図り、農業者の意欲向上と地域農業の維持、経営の安定を目的に獣害対策用の大型囲い罠「おりべえⅡ」をJAが2基購入しました。3年間で一定の実績が得られ、有害獣の出没が減少したため、小原地区にある「おりべえⅡ」を下山地区へ移設します。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る