とよたの桃 人工授粉始まる

桃.jpg

豊田の夏を代表する果物で、生産量が県内有数である桃の授粉作業が、猿投地区(舞木町、乙部町、加納町)の桃畑で始まります。今年の開花時期は平年より5日ほど早く、ピンクのじゅうたんを敷き詰めたような桃畑の中、生産者が丁寧に桃の花に花粉を付けていきます。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る