観光イチゴ農園 新型コロナ対策徹底して営業中!家族激減も若者は微増

イチゴ.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大の恐れにより観光農業にも影響が表れています。豊田市舞木町の50アールのビニールハウスで完全予約制のイチゴ狩りの観光農園を営業する「とよたいちごふぁーむ」では2月からこれまでに家族連れを中心に予約申し込み約500件のキャンセルがありました。
農園を経営する梅村公治さんは2月27日から公式ホームページで感染症に対する園の対応を掲載しています。施設内の除菌と従業員の手洗い消毒を徹底していることを説明し、来園者に対してもいちご狩り前後のアルコール除菌を呼び掛けます。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る