都市近郊でも楽しめる!『いちご』が最盛期を迎えています

 

いちご.png

愛知県が全国6位の出荷量を誇る「いちご」。主に三河地方が主要な産地ですが、JAあいち尾東管内(豊明市、東郷町、日進市、長久手市)でもいちごのハウス栽培が盛んに行われ、12月初旬から5月下旬まで、各生産者の直売所やJA産直所で販売されています。名古屋からわずか1時間ほどでいちご狩りが楽しめ、摘みたていちごが手に入る穴場スポットとして人気上昇中です。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る