キャベツ主産3県が初の合同販売促進を実施

グラフィックス1.png

愛知・神奈川・千葉県産のキャベツは、1~5月における東京都中央卸
売市場の入荷量の9割以上(平成30年実績)を占めます。1月以降の出荷ピーク時期に合わせて、主産3県が連携した販売促進を実施します。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る