JAあいち女性協議会が総会開催

A中央会 小林伸宏 2018愛知県女性協総会.JPG

 JAあいち女性協議会は5月31日、名古屋市中区のJAあいちビルで通常総会を開いた。19組織からJA女性部長ら約50名が出席し、2018年度事業計画など全4議案を承認。地域農業・JAを取り巻く環境が厳しさを増しているなかで、地域農業への理解や協同意識をもった女性部員の育成に取り組むため、「地域農業・JA・JA女性組織に対する理解」を深める活動を展開することを確認した。
 会長にはJAあいち海部女性部の加藤和奈さんを再任。加藤会長は「JAは自己改革で変わろうとしている。私たち女性部はJAを拠りどころとする組織である。女性部がJAと地域をつなぐ架け橋となり、食の安全・安心を次世代につないでいく役割も果たしていきたい。このような私たちの熱い思いをしっかりとJAに伝え、自己改革を後押ししていかなければならない。」と抱負を述べた。
 JA愛知中央会の前田隆会長は「現在、JAは組合員の声を聴き、組合員とともに進める自己改革に取り組んでいる。女性部の皆様には各JAの取り組みをご認識いただき、取り組みが前に進むよう後押しをお願いしたい」と話した。
 その他、新役員として副会長にはJAあいち中央イキイキレディースの齋藤豊子さん、監事にJAあいち知多女性部の石川純子さんが選任され、JAひまわり女性部の榊原節子さんが監事に再任された。

中央会のニュースに戻る