JAあいち助け合い組織協議会が総会を開く

DSC_0633.JPG

JAあいち助け合い組織連絡協議会は22日、名古屋市のJAあいちビルで総会を開きました。20組織から37人が出席し、全4議案を承認しました。
平成30年度の会長にはJAひまわり「ひまわりたすけあいの会」の松野美和子さんを再任。松野会長は「地域のために各組織で様々な助け合い活動が実施されている。今後も会員の皆様の貴重な意見を踏まえ、活動に有効な研修会を実施するとともに、県内の組織間交流を行い、互いに学び合っていきたい」と抱負を述べました。
JA愛知中央会の都築紀理常務理事は、「本年度は市町村による地域支援事業が本格的に始まり、助け合い組織の役割は重要性が増している。地域になくてはならない組織として、引き続き活躍されることを期待している」と話しました。
副会長にはJAなごや「ほほえみの会」の若松清子さん、監事にはJAあいち知多「助け合い組織ぬくもりの会」の石黒節子さん、JAあいち豊田「助け合いの会「ふれあいの輪」」の加藤岸子さんを再任しました。
JAあいち助け合い組織連絡協議会は平成11年に設立され、今回で19年目を迎えます。
総会では、役員の選任の他、助け合い活動のPRと地域への理解促進のための情報発信を行うとする活動計画などが承認されました。

写真=左から加藤監事、若松副会長、松野会長、石黒監事

中央会のニュースに戻る