JAグループ愛知独自の低コスト農機を普及拡大します

JAグループ愛知(県下JAJAあいち経済連)では、農業経営費の25%を占める農機具費(水田作の場合)の低減を図るため、栽培規模や担い手農家ニーズ等を踏まえ、愛知県の農業生産の実態にあった「低コスト農機」をJAグループ愛知として独自に選定し、普及拡大に取り組んでいます。

詳しくはこちらをご覧ください

中央会のニュースに戻る