JAあいち助け合い組織連絡協議会が総会開く

 A中央会 神谷尚吾 助け合い組織連絡協議会総会.JPG JAあいち助け合い組織連絡協議会は25日、岡崎市のJA愛知研修所で総会を開催。18組織から44人が参加し、全4議案を承認しました。会長には昨年度に引き続き、JAあいち中央みのりの会の杉浦由美子さんが選任されました。

 杉浦会長は、「超高齢社会を迎え、地域におけるJA助け合い組織の重要性はますます高まっている。会員相互の情報共有と地域行政との連携を深め、JA助け合い活動の充実に努めたい。」と抱負を語りました。  JA愛知中央会の加藤勇二常務理事は「JA助け合い活動が今後も組合員と地域の人々にとってのよりどころとなり、また、皆さんが地域におけるリーダーとして、地域をますますを元気にしていただくようお願いしたい。」と話しました。  

 副会長には長崎許子さん(JAあいち海部・たすけあいの会)、監事には戸田幸子さん(JAあいち知多・ぬくもりの会)と松野美和子さん(JAひまわり・たすけあいの会)がそれぞれ再任されました。

写真説明=左から戸田監事、杉浦会長、長崎副会長、松野監事

中央会のニュースに戻る