4月の農産物は「フキ」

おいしい春を、召し上がれ。Spring has come.

の野菜は、美味しいだけじゃなく食卓に季節感もはこんでくれます。
春の訪れを知らせてくれる「ふき」。
香り、風味豊かで身体にやさしい、特に女性にはうれしい栄養がいっぱいです。

「ふき」の栄養、
女性にうれしいベスト3。

  1. 「ふき」は、そのほとんどが繊維質なので便通を良くしてくれます。
  2. ポリフェノール類を含み皮膚を正常に保つ等の抗酸化作用が期待できます。
  3. カリウムも摂取できるので、気になる身体のむくみ解消も。

img_fuki02.jpg 料理家
鈴木 あゆみ

株式会社
自由ヶ丘クッキングスタジオ 代表

名古屋文理大学講師

食品カタログや商品パッケージのスタイリング、食品メーカーの商品開発、
テレビやイベントの料理講師など、「食」全般の仕事を手がける。
中京テレビキャッチ!「虻ちゃんのちゃちゃっとめし」レギュラー出演中。(平成28年4月現在)
著書「おいしくごまレシピ」他。


お料理の前に
「ふき」の下ごしらえを。

001.png「ふき」の葉を切り落とし、大きめのフライパン(または鍋)に入る大きさに切りそろえます。

img_fuki03.jpg

002.pngまな板の上でひとつかみ程の荒塩を振りかけ、荒塩が「ふき」になじむまでゴロゴロと板ずりをします。
茹でた時にアクが出やすくし、さらに茹で上がった時の「ふき」の色をよくする2つの効果があります。

img_fuki04.jpg

003.pngフライパンにたっぷりのお湯を沸かし、沸騰させたら塩の付いたままの「ふき」を太いものからフライパンに入れます。
1分たったら細いものを入れ約3∼5分茹でます。

img_fuki05.jpg

004.png茹であがった「ふき」を手早く一気に冷水に落とし、完全に冷たくなるまで水を変えながら冷やします。

img_fuki06.jpg

005.png冷めたら水にさらしたまま1本ずつ皮をむいていきます。2ミリ程度つまみ片側から1周むいたらむき残しのないように反対側からも皮をむいていきます。保存する場合は、水につけたまま冷蔵庫へ。こまめに水を変えると「ふき」の変色も防げます。

img_fuki07.jpg


img_fuki08.jpg

調理時間 約15分
※ふきの下ごしらえの時間を除きます


材料/2人分

  • ふき(下ゆでしたもの) 100g(1本約20センチ)
  • スパゲッティ 160g
  • じゃこ 大さじ2
  • オリーブ油 大さじ1
  • にんにく 1かけ
  • 赤とうがらし 適量
  • 塩・こしょう 各少々

作り方

  1. スパゲッティは袋の表示時間に従い、たっぷりの熱湯に塩(分量外)を入れて茹でます。
  2. ふきは5mmほどの厚さで斜め切りにします。
  3. フライパンにオリーブ油を熱し、スライスしたにんにくと種を除いた赤唐辛子を入れて弱火で炒めます。
  4. 良い香りがしてきたら、2のふきとじゃこを入れてひと炒めし、1のスパゲッティのゆで汁をお玉1杯(150ml)ほど加えます。
  5. 4にゆであがったスパゲッティを加え混ぜ、塩・こしょうで味を調えます。

recipe 2 ふきとツナの煮物

調理時間 約8分
※ふきの下ごしらえの時間を除きます


材料/2人分

  • ふき(下ゆでしたもの) 150g
  • ツナ(缶詰・小) 90g
  • サラダ油 大さじ1/2
  • コンソメスープの素 1/2個
  • 水 100ml
  • 塩・こしょう 各少々

作り方

  1. ふきは4cmほどの長さに切ります。
  2. フライパンにサラダ油を熱し、1のふきとオイルを除いたツナを炒め合わせます。
  3. 油がなじんたら、コンソメスープの素と水を入れ、5分ほど煮て、塩・こしょうで味を調えます。

DSC0578901.jpg

I Love it!
つくってみました!

初めてふきを買ってみました。(笑)
でも、下ごしらえも思ったより簡単にできてびっくり!
ふき料理ができると、ちょっと女子力upした気がしてうれしいです★
料理の幅が広がった気がします☆

名古屋市在住 会社員 直井さん


広告制作の舞台裏Voice「 ふき」篇

img_fuki12.jpg

撮影用の「ふき」は、日本一の「ふき」!

原田 信義さん
知多の旬菜農場グリーンプラザおおぶ 店長

ふきが店頭に並ぶ時期は10月∼5月頃まで。
淡緑色が鮮やかな茎の太いものを選んでくださいね。
知多はふきの生産量日本一。

                 味はモチロン、色も鮮やかな「ふき」を食卓に加えてみてはいかがですか?


img_fuki13.jpg

スタジオに、やさしい春のかおり。

稲垣 美衣さん
カメラマン

祖父母が自宅用に野菜を育てており、母は道の駅で働いているので、
美味しい野菜には縁があります。
ふきをあんなにも近くで観察したのは初めて。
新しい発見が多く、野菜と向き合える楽しい撮影になりました。

あいち旬のギャラリーに戻る